ある程度年齢を経てから歯科矯正をすると
ほうれい線が目立つようになったと感じる方が多いようです。  

その原因の1つに、矯正器具を装着中は
あまり口を開かなくなるなどにより
頬の筋肉が弱くなってしまったことが挙げられると思います。

滑舌が悪くなった等の声も聞くことがあります。  

また、前に出ていた歯を矯正したりする際、
その分皮膚が余り、タルミの原因になるとも考えられます。

矯正器具自体がでっぱっているので、
皮膚がそれに慣れてしまい(矯正は数年単位で行われます)、
器具を取ったとたんに口周りがたるんでしまうということもあります。  

さらに、抜歯を行うと口周りの骨格が変化するので
それが原因で口元がたるんでしまうということもあるようです。  

また、歯科矯正中と口元の老化の時期が重なったりなどがあると、
矯正が原因ではなくともそれによりたるんだように思いがちです。  

歯並びが悪いこと自体が総合的に考えて顔や体の歪み、
体の不調に結びつくことを考えれば、
歯科矯正は適切な選択肢だと思います。  

しかし、多少なりとも副作用としての頬のたるみは起こりがちなので、
どうしてもそれを避けたい場合は頬の弾力性が保たれている
できるだけ若い時期に矯正をスタートするのが理想的といえましょう。  

できてしまったほうれい線は仕方のないことなので
あとはいかにケアするかが大切です。